施工について

ダイト工法

DAITO工法とは

ダイト工法 ダイト工法の4回塗りは2回塗り・3回塗り工事に比べ、高品質・高耐久であることがわかります。※全ての下地に適応するわけではありません。

施工の流れ

養生(足場組み等)ホコリなどが飛ばないように養生シートを張ります。

水洗い 建物全体を高圧ジェッターで水洗いします。シーラー 下塗り1回目は浸透性シーラー。酸化した外壁の表面を中和して、次の下塗り塗料の接着を良くします。

フィーラー 下塗り2回目はアンダーフィーラー。外壁表面の細かなクラックを消して仕上げ塗り塗料のノリを良くします。下地のための下塗りと、仕上げのための下塗り、この2回の下塗りが30年の経験から生まれた独自のノウハウなのです。

中塗り 2回の下塗りが終わった中塗りです。
施行中の工事を確認できないお忙しい方のためには、ご希望により仕上げの色を変えて塗ることも出来ます。

上塗り いよいよ仕上げの上塗りです。この4回目の塗りで厚くて丈夫な塗膜ができ、紫外線や雨からしっかり外壁を守ってくれます。これがダイト工法です。

選んで納得。その理由がDAITO工法

赤外線診断

塗装シミュレーション

お客様の声

お電話でのお問い合わせはこちらまで0120-646-444受付時間9:00~19:00